真山神社・なまはげ館に行ってきましたよ

横手は涼しくなりましたね!もう秋ですから。

喜多方と違って、秋田県は北にあるので、冬も早くきそうです。
ちょうど休日に時間があったので、(男鹿の観光がてら)なまはげ館に出かけました。

横手からは高速使って二時間くらいですかね。
 
なまはげ館は真山神社の近くにあります。

真山神社は、「なぐごはいねがぁぁ!!!わりごはいねがぁぁ!!」

のなまはげの神社。

毎年2月になまはげ柴灯まつりが行われることでも有名です。

松明をもったなまはげさん達が山から降りてきます。

歓喜天堂に祀られる「歓喜天」に復縁・良縁・縁結び・夫婦和合の御神徳があるといわれています。

良縁、安産のパワースポットです。婚活、妊活中の方には、是非ともおすすめですよ!!!

さて、なまはげとは?

男鹿を代表する民俗行事です。かく集落で男集が鬼のお面をつけて、藁で編んだケデを身につけて、出刃包丁を持って、家々を回る小正月行事。

 

「なまはげ」の名称は、「ナモミ(炉端にかじりついていると手足にできる火型(ひがた)のこと)を剥ぐ」という言葉がなまったものからきてるそうです。ナモミをはぎ取ることで、怠惰をいましめるということのようです。

昔は、ずっといろりにあたっていると、低温火傷を起こしたそうなので、それの防止もあったのかも。

お子様や若いお嫁さんの指導?的な役割もあったりして。

包丁をもって振り回す姿は 、結構怖いですよ(苦笑)


↑悪い子や悪い嫁を探して、家の中を暴れまわる神様?

家主がお酒などでもてなし、日常の悪いことの言い訳をして、なまはげに帰ってもらうという行事です。
 真山神社で、パワーをもらったあとは、少し降って、なまはげ館へ!!!
駐車場では、県外ナンバーばっかりに驚きです。

入場料は500円で、でんしょうかんと一緒だと800円ですね。

建物の入り口付近の石畳をよく見ると・・・・・

ピンク色の石が!!!

このピンクの石は、男鹿石といって、珍しいそうです。

可愛いピンクなのですよ!!

男鹿石をふんだんに使って積み上げた、建物の外観。(写真撮るの忘れた)

男鹿石の説明は、なまはげ館の中で、映像とともにありますよ。
いりぐちからはいると、テレビの画面がいっぱいあって、画面をタッチすると、男鹿について、なまはげとかについて説明がみられます。土地土地の風習や、信仰や、道具・おもちゃ・・・

テレビ画面のコーナーから奥に進むと、よく手入れされ、眺めの良い庭園が。

なまはげ体験コーナーもありますよ。

大型のスクリーンでは、なまはげについて。

最後のブースでは、各地域のなまはげさん達がお出迎え。

なまはげのいる地域といっても広いので、たとえば同じなまはげでも、結構違うんです。 
集落毎にお面が違っっているんですね。

ここのコーナーのBGMが結構怖いです。娘は苦手だったようで、早く出たがっていました。

なまはげの唸り声のような(笑)

ただ、子供たちが良い子に育ちますように!という思いは全県(いや、全国かな)一緒ですね。
なまはげにビビって泣いてる子供達はちちょっと可哀想だけど(笑)

*うちの子供は、なまはげ館は好きではなさそうです!!終始早く出たがってました。もったいない!!
怖い(お面が鬼だから?)
いやだ(暗いからか?)
早く出たい(やっぱり怖いから?)
・・と、言ってました。
しかし!おみやげのなまはげのぬいぐるみうぃみたり、しゃしんを撮ったり、仮装(着せてくれる。なまはげの衣装・・)したりして、それなりに満喫していました。(笑)
 
隣の建物ではなまはげ伝承館っていうのをやっていましたよ!!

なまはげの歴史や成り立ちについてじっせんしてくれています20分くらいですかね。

なまはげおっっかねがったよ!!!!!!
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ