仙台で行列のできる美味しいお店の数々

今日はまた所用を済ませながら中央通りを歩きました。
阿部の笹かまの店舗前には、ずいぶん長い行列ができていました。こちらで販売されているひょうたん型の揚げかまぼこが、数年前からたいへんな人気で、行列が絶えません。
仙台七夕の時期などは、「こちらが最後尾です」と書かれたプラカードを持った係の人が、お客さんの誘導をしていました。


今日のランチには、これまた行列の絶えない人気店、北辰寿司で美味しいお寿司を食べたいと思っていました。数週間前に訪れた時には、長蛇の列に心が折れユータンして、来た道を戻るパターンを数回繰り返してしまいましたが、今日こそは、と思っていました。

牛タン・寿司通りにある立ち食い専門の北辰寿司の店先には、今日も行列ができていました。ですが平日の14時近くということもあり、待っているお客さんの数は6名ほど。並べないほどではありません。
ここは私にしては珍しく、気長に並んで待つことにしました。

15分ほど待ったでしょうか。入店することが出来ました!
カウンター内の寿司職人さんたちはいつも通りとっても忙しそうで、注文するために声をかけるのが申し訳なく感じてしまうほどでした。

このお店で食事をするときには、お隣のお客さんとの連携が必要になってきます。3、4人のお客さんに対しひとりの職人さんが付くシステムなので、お隣の人の注文を聞いている時や握っている時は、声をかけないようにタイミングを計らなければいけません。

今日も上手にお隣と息を合わせて大満足のランチを楽しみました。好きなネタをお腹いっぱい食べて、3,000円未満なのはやっぱりすごいなと思います。先日初めて入店した、1階にある方の北辰寿司よりは、やはり少し値段設定が低いようでした。立ち食いな分、回転も速いので安くできるのでしょうね。
食後は中央通りを辿って一番町に向かって歩きました。これまた行列ができるの「井ケ田のお茶」の抹茶ソフト売り場に近づいたとき、今日はたまたま誰一人並んでいないのが目に留まりました。

「このチャンスを逃してはいけない!」と思い立ち、食後のデザートということで寒空にも関わらず、ソフトクリームをいただくことにしました。

ですが、人が並んでいないということは、何を頼もうかゆっくり悩む時間もないということです。焦った私は、貼り紙などでずいぶん押している様子だった「ずんだソフト」を頼みました。

が、すぐに気づきました。
お茶屋さんのソフトクリームに行列ができているのだから、頼むべきなのはずんだではなく抹茶ソフトだった、ということに…
もちろんずんだソフトもとても美味しかったのですが、今度チャンスが巡ってきたら、是非、抹茶ソフトを食べてみたいと思います。

私は歩く速度が速いため、いつも前を行く人々をどんどん追い越しながら進みます。そのため、食べ歩きしかできない揚げかまぼこや抹茶ソフトなどの路上販売型の食べ物は、周囲に迷惑がかかるのではないかと思ってなかなか手がでません。

でも今日は、行列ができていなかったことと、手荷物も少なかったこともあり、「井ケ田のお茶」のソフトを初体験することが出来ました!ずんだ味ではありますが…

食べ歩きには不向きな季節に突入してきましたが、その他の人気商品もひとつずつ楽しみながら制覇していけたらいいなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ