仙台と言えば牛タン!名店「利休」で美味しいランチ

仙台の名物と言えば何より牛タンが有名ですよね。でも実は、この牛タンが全国的な知名度を得たのはほんの一昔前だと思います。20年前などを回想すると、仙台が地元の人間でも牛タンが有名だなんて知らない人が多かったんです。

それが今や、県外に出た仙台人はみんな地元の牛タンを恋しがるようになりました。すっかり「仙台名物」として定着し、有名になった証拠ですね。

最近では東京でも仙台発祥の牛タンの名店が出店したり、東京駅構内で仙台の牛タン弁当が販売されているなんて話も聞きます。どこに行っても同じ味が楽しめるのは嬉しいことですが、仙台だけで味わえる「特別感」が薄れていってしまうのは、ちょっと寂しいような気もします。

牛タンの名店と言えば仙台には数多くあり、各店がしのぎを削って熾烈な競争を繰り広げているイメージがありますが、実は仙台駅の構内には「牛タン通り」と呼ばれる一角があり、牛タンの有名店が軒を連ねて経営しています。

ちなみにそのすぐ後方には「寿司通り」があり、いくつものお寿司屋さんが所狭しとひしめき合っています。

牛タンを食べるなら私の昔からのお気に入りは「利休」です。もともとは仙台駅東口にある店舗に通っていたのですが、どんどん支店の数が増えてとても便利になりました。駅構内牛タン通りの「利休」には行列が絶えません。

並ぶのは苦手ですが、今回は頑張って待ちました!

たっぷりのお漬物二種類とテールスープがセットになっている「極」というランチセットです。通常の牛タン定食より「極」の牛タンはぶ厚くて立派です。その分少々お値段があがるのですが、味がやっぱり違うのでこちらが私のお気に入りです。

麦ごはんにとろろを追加することもできるのですが、毎回つけるかどうしようか迷います。今回は無しで、シンプルに牛タンの味を楽しむことにしました。

テールスープのシャッキシャキのネギがとっても美味しくて大好きです。スープはあっさりしているので牛タンととても良く合います。いつもながら、見事なバランスの定食だなぁと感心します。

牛タンカレーや冬にはシチューなど他のメニューも充実していて、絶対に美味しいであろうことはわかっているのですが、いつ行ってもどうしても牛タン定食を注文してしまいます。一度はカレーにも手を出してみたいなとは前々から思っているのですが…

とにかく「利休」は店員さんもいつもとても感じが良くて、美味しいランチを味わった後もとても気持ちよくお店を後にすることができます。とにかく人気店で込み合っているという点だけがマイナスポイントですが、コストパフォーマンスも高いお店なので仕方ないですね。

老若男女に愛され続ける名店「利休」。一か月に一度くらいはこの味が恋しくなってしまいます。駅中での買い物の合間や、新幹線の待ち時間などに立ち寄れる立地なのもとても便利です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ