仙台の電力ビルにあるヴィ・ド・フランスで美味しい朝食

ここ最近は自宅で作るスムージーで簡単に朝ごはんを済ませていた私ですが、久しぶりに美味しい朝食を外で食べたくなって、電力ビルの一階に入っている、昔から馴染みのパン屋さん「ヴィ・ド・フランス」へ行ってきました。

昔は意味もわからず「ヴィ・ド・フランス」と名前を呼んでいましたが、知識がついた今訪れて改めて看板にある店名を眺めてみると、あぁ「フランスの生活」という意味の店名なのだなぁ、素敵だなぁ、と感心してしまいました。

実はここ数日、ヴィ・ド・フランスの名物として、私の学生時代に級友たちの間で大人気を誇っていたメロンパンが無性に食べたくなり、何度かお店の中の様子をうかがっていました。ですが、夕方に通りかかっていたせいか、この店舗は毎度とても品薄の状態で、メロンパンその他、私のお気に入りのパンたちは見当たりませんでした。

昔は夕方に行こうともいつも豊富な品ぞろえで楽しませてくれていたような気がするのですが、やはり経費削減、無駄を省こう、という方針なのでしょうか。

そんなわけで、「朝ならば大丈夫だろう」と踏んで10時前にお店に入りました。お目当てのメロンパンを迷わずトレイに乗せ、コーヒーを注文して席に着きました。
さすがに午前中だけあって、看板商品であるメロンパンはたくさん並んでいたものの、やはり昔と比べると品揃えが減ったように思います。

メロンパンの美味しさは昔のままですが、もう一つの私のお気に入りだった、メープルシロップのジュレがたっぷりかかって一口サイズにカットされたフレンチトーストは、見当たりませんでした。

アーケード内のお店の入れ替わり様と言い、どこも経営というのは大変だな、と改めて思いました。

※閉店したさくら野のシャッター

そんな余計なお世話的な考えを巡らせながら、とても美味しくリラックスした朝食タイムを満喫することが出来ました。

天気予報を覆し、お天気もなんとか持ってくれたので、持って出た傘は活躍しませんでした。中央通りの床はツルツルしていて、雨が降るととても滑りやすくなるので助かりました。

転倒事故などもきっと頻繁に起こっているのではないでしょうか?そのくらい中央通りはよく滑ります。改善されることを願うばかりです。

朝食を外でゆっくり済ますだけで、一日の始まりの気分は大きく変わってきます。人様に比べればストレスフリーな生活を送っている私ではありますが、折に触れて、このような気分転換も必要だな、と思いました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ