口腔外科 志望動機

「口腔外科を志す」
筆者は、歯学部を無事卒業した後、卒後臨床の場として医学部附属病院の口腔外科を選びました。高齢化社会(当時はまだ高齢”化”社会でした。)をにらみ、全身疾患の患者の対応を学びたかったからです。
実際、医学部附属病院での研修は、その期待に十分応えてくれるものでした。当初は、聞くのも初めての病名や、目にしたこともない器材だらけでした。右往左往していたばかりの日々でしたが、おかげで一般の開業歯科医院はもちろん、歯学部附属病院でも経験できないであろう症例も経験できました。当然2年間という研修期間では不十分でしたが・・・。

「困ったこと」
口腔外科については、前述の様に研修を積むことが出来ましたので、全身疾患の理解もある程度は出来ていると根拠のない危なっかしい自負をしています。外科処置もある程度は出来ているとこれまた勝手に思っています。
けれど、こればかりしてきたため、特に矯正歯科治療に関して全く知識がないのです。一般的な歯科治療については、背景疾患のある患者さんの治療や、アルバイト先での経験がありますから、ぼちぼち出来ていると思っているのですが、矯正歯科がからっきしなのです。文字通りダメ。
病院のローテーションが概ね2年間であることと、そもそも病院にセファロなどの矯正用の設備がないことも経験できていない理由です。
学生時代の矯正実習の時は、ワイヤー曲げの鬼と異名をとり、こっそり友人諸君のワイヤーも曲げて差し上げていた筆者なのですが、久々に挑戦してみると思い通りに曲がらない。
矯正歯科の先生曰く、「ブラケットさえ付けておけば、ワイヤーを順番に交換するだけだから、誰でも出来るよ」とのことですが、そんなことあるわけないじゃないですか。
子供が成長し混合歯列期に入り、歯列不正が気になる今日この頃、自分では治せないんですよね。試しにやってみようにも病院にはパノラマはあってもセファロはないし・・・。
そういえば、乳歯列期にシーラントをしようと思いやってみたけれど、唾液の防湿がちゃんと出来ず、すぐに脱落してしまったことも。親に「何やってんだ、防湿をきちんとしないからだ、基本がなってない」と呆れ果てられました。そんなことわかってるんですよ。
ジェネラリストという何でも来いの開業医の先生ってすごいと思う筆者でした。

「井の中の蛙」
研修医2年目の終盤、指導医の先生に言われたことがあります。「開業医の先生は、埋伏抜歯を紹介してくるけど、開業医の先生が自分で抜けないから送ってくるんじゃない。抜歯して腫れると評判が悪くなるし、情報提供料を請求し、その時間で他の患者を診た方がお得だから送ってくるのだ。研修医が開業医のベテラン先生より抜歯が上手と勘違いする事なかれ」
その時はあまりピンと来ませんでしたが、アルバイトに開業歯科医院に行くとよくわかります。大学病院で粘膜切開し歯槽骨を削除して抜歯していた様な歯肉縁下深いところのC4抜歯も、そんな侵襲を加えずひょいひょいと抜歯していたりします。齲蝕処置でそこの先生に浸潤麻酔をしてもらったとき、麻酔が余り痛くなかったのも驚かされました。自分が井の中の蛙だったことを痛感させされました。まぁ、感動したことさえも、すぐに忘れてしまうのが筆者の悪い癖なのですが・・・。
ところで、皆さん”井の中の蛙、大海を知らず”の続きがあることをご存知ですか?確か”空の青さを知る”だったと思います。間違えていたらすみません。世間知らずな筆者ですが、天狗にならず、自分には伺い知ることの出来ない世界がまだまだあることを忘れずに、謙虚な心をもって精進していきたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ